ソリオ フル モデル チェンジ。 スズキソリオ新型モデルチェンジ情報2020|内外装フル改良&安全性能最新機能搭載

ソリオの乗り心地と静粛性は?

ソリオ フル モデル チェンジ

この記事の目次• ソリオのモデルチェンジ推移を紹介! ソリオのモデルチェンジ推移 2019年7月11日 2018年7月2日 2017年12月7日 2016年11月29日 2015年8月26日 2014年12月18日 2014年8月4日 2014年2月6日 2013年11月18日 2013年1月23日 2012年12月6日 2012年6月18日 2012年2月27日 2011年11月25日 2010年12月24日 ソリオの新車を安く買うならモデルチェンジ前がおすすめ 新型ソリオが発売されて、ある時期になると改良が行われます。 ソリオのモデルライフは約5年です。 5年の間にモデルの鮮度を保つために一部改良やマイナーチェンジが行われ、約5年後にフルモデルチェンジされて新型に切り替わります。 この各モデルチェンジのタイミングを狙って値引き交渉をすると、ソリオを安く買うチャンスになります。 モデルチェンジ前は、新しいモデルが出るまで待つ人や、販売台数の減少によりソリオの受注は少ない状態になります。 その中で受注を取らないといけないので、ディーラーは値引に頼った売り方になります。 どうしても新型が欲しい!と新型にこだわる人にはお勧め出来ませんが、新型にこだわらなければ、現行型をモデルチェンジ前に購入すると、 ソリオを大幅値引きで購入できるチャンスになります 新型に切り替わると値引きは引き締められてしまうので、新型を安く買うには値引きが拡大するまで待つしかありません。 フルモデルチェンジ後は旧型ソリオの中古車がおすすめ ソリオがフルモデルチェンジされると、人気と需要は新型に移ってしまうので、旧型ソリオの価値は下がってしまうでしょう。 またフルモデルチェンジ後は、旧型から新型ソリオに乗り換える人が多くなります。 新型に乗り換えると旧型ソリオはディーラーに下取りされたり、買取店へ売却されたりして、中古車市場に流れていきます。 すると、ソリオの中古車市場では旧型の台数が多くなるため、 中古車価格が下がり、豊富な在庫から割安なソリオの中古車を選ぶ事が出来ます。 質の良いソリオの中古車を求めるなら、フルモデルチェンジ後のおよそ1年間の間が在庫が豊富でおススメの時期となります。 下取り車があるならさらに新車の総額を下げる事が出来ます! 新車購入で気になるのは値引きや総支払額ですが、もし下取り車があるなら、 さらに支払額を下げる事が出来ます。 もちろん値引き交渉が苦手でも、簡単にできる方法なので、是非ご参考ください。 ディーラーはウソを付いている!? 新車を買うなら、取り合えずディーラーで査定してもらう人が大半でしょう。 管理人も毎回そうです。 しかし、ここで注意したいのは、 「ディーラーは下取り金額でウソを付いている」ケースが多い事です。 正確には、本来ある相場よりも低い下取り金額を伝えて来ます。 相場よりも低い金額で買い取れれば、新車とは別に下取り車でも大きな利益を得る事が出来ます。 なので、新車から値引きしても、 下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。 ユーザーにとっては損しかありませんね・・・ ディーラーに騙されないためには? 以前、管理人はBMW1シリーズ(116i)を買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。 その時の下取り金額は 85万円です。 ただ、ディーラーが本来の相場よりも安めに言ってくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定を申し込みました。 買取店の査定サイトから申し込むと、概算の相場を教えてくれます。 そこで出た金額は、 ディーラーよりも20万円も高い金額でした。 次回ディーラーに行った時に、「買取店では105万円と言われましたけど・・」と伝えて見ると、セールスさんは少々慌てて上司に確認を取りに奥へ引っ込みました。 10分ほど経って戻ってくると、「うちもギリギリの線なので103万円+リサイクル預託金でいかがですか?」と言われました。 リサイクル料の戻りも加算すると、 約104. 2万円になります。 その時の契約書はこちらです。 もし最初の85万円で契約していたら、 19万円もの損をする所でした・・・ この時した事は、 買取店の査定サイトで表示された概算相場をディーラーに伝えただけです。 これだけで19万円もアップしたので、やっぱりディーラーは下取り金額を安く見積もって来たんだな、と思いましたね。 ディーラーの査定より高ければ買取店へ売る選択も ディーラーで契約の時に、「BMは買取店へ売る事になるかもしれないので、その時は下取りに入れない事を承知してもらえますか?」と伝えたら、あっさりOKしてくれました。 これで納車直前に、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらい、ディーラーより高ければ買取店へ売る事が出来ます。 もしディーラーの方が高ければ、そのままディーラーへ下取りに入れる事でセールスさんからOKをもらってます。 この方法は、 納車直前まで自分の車に乗っていられるのでおすすめです。 そして納車前に実際に2店の買取店に査定してもらいました。 1店目は、ディーラーの104. 2万円に対して 107万円。 そして2店目には、「1店目で110万円、120万なら即決」と少し盛って伝えると、「120は相場を超えちゃってるので無理ですが・・・110ですか~・・・ 116万円ではいかがでしょう?」と、 ディーラーよりさらに11. 8万円のアップに成功です! その時の契約書です。 一番最初の査定金額は、ディーラーの85万円だったので、実に 31万円の上乗せに成功しました。 ディーラーだけでなく買取店の査定を検討して、本当に良かったと思いましたね。 この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。 1分足らずの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されるので、 管理人のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、すぐに愛車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。 カテゴリー•

次の

国産車フルモデルチェンジ!2018年~2023年の一覧

ソリオ フル モデル チェンジ

デザインはキープコンセプト、パワートレインは大幅進化か? スズキ・ソリオ 2019年発売の特別仕様車「GX2」 MOBY編集部に入ったスズキ・ソリオ新型フルモデルチェンジに関するスクープ情報は下記のとおりです。 外装デザインはキープコンセプトで進化されるよう。 新開発のを採用される模様。 このプラットフォームは次期型スイフトにも使用されるものと見ている。 ボディサイズは少し大きくなるが5ナンバーサイズには収まるようである。 内装デザインは質感を大きく向上か。 エンジンは現行モデルに採用されている1. 2L直列4気筒を大幅改良し出力を向上、も改良し燃費向上を図る模様。 2021年中にマイナーチェンジ、2025年頃にフルモデルチェンジされそう。 スズキ・ソリオとは? スズキ・ソリオ 2019年発売の特別仕様車「GX2」 スズキ・ソリオは全長3,710mmという普通車の中では最もコンパクトな部類に入るトールワゴン。 ソリオの先代はスズキの軽トールワゴン「ワゴンR」を少し大きくして普通車サイズにして1997年にデビューした「ワゴンR・ワイド」。 1999年、2代目にフルモデルチェンジするときに車名をソリオに変更して現在に至ります。 現行モデルは2015年8月にフルモデルチェンジを受けた実質的3代目、ソリオの車名では2代目にあたります。 現行モデルの車両価格は約147万円〜約227万円。 最下位グレード「G」を除いてすべてのモデルがハイブリッド車となっています。 現行モデルのデビューから約10年経過しますが、2019年度(2019年4月〜2020年3月)の販売台数は登録車(普通車)で21位の44,408台と好調なセールス、人気を維持しています。 最新「ソリオ」中古車情報.

次の

スズキのソリオはいつ新型に?2020年のモデルチェンジ情報は?

ソリオ フル モデル チェンジ

(スズキ新型ソリオ 特別仕様車) 実際、 2019年7月にはソリオの特別仕様車「GX4」や「GX2」が発売されてる。 スズキに限った話ではありませんが、は販売がどうしても落ち込む。 その分、値引き額が増やすもののそれでも売れにくい。 そこで多くの各自動車メーカーは「フルモデルチェンジ前年にお買い得な特別仕様車を販売する傾向」があるそう。 この一般的な法則が正しいなら、そこからちょうど一年後の2020年初夏頃に新型ソリオがフルモデルチェンジする可能性は高そう。 ソリオのフルモデルチェンジ内容は不明だが…? ただし、現時点で判明してるのは発売情報のみ。 実際に新型ソリオがどういった進化を遂げるのかなど、残念ながら具体的なフルモデルチェンジ情報は判明してません。 でも、各自動車メーカーの最近のフルモデルチェンジ動向を推察すると、自ずと次期ソリオもどう進化するのか見えてくるはず。 とりわけソリオはスズキのドル箱車。 相当なテコ入れが期待できそう。 まずは「デザイン」。 ソリオのデザインは決してダサいとは思いませんが、初代モデルが初代モデルだけに「軽自動車の匂い」は否めない。 最近の三菱車なども見ると、次期ソリオはもう少しコンパクトカーらしい洗練さが欲しい。 とりわけカスタム系グレードの「新型ソリオバンディット」の次期デザインはもっとテコ入れできる余地はありそう。 トヨタ・ヴォクシーに寄せるならもっと寄せるなど、ハッキリした方向性を出した方がいいかも知れない。 既に 現行3代目ソリオがキープコンセプトだったため、次の4代目ソリオではそれなりに変化が期待できそうです。 現時点でソリオも追従クルーズコントロール(ACC)を搭載してるものの、最近は渋滞時でも対応可能な全車速域が主流。 おそらく新型ソリオも2020年のフルモデルチェンジで全車速域にACCを対応してくるはず。 もし新型ソリオが全車速域ACCを搭載してこないと仮定すると、スズキ車の予防安全性は相当出遅れ感は否めない。 最近のも考えると、いっそ次期ソリオはをまんま流用しても良さそう。 あとはトヨタとの関係性を考えると、いよいよ スズキ車に「トヨタのハイブリッドエンジンを搭載してくる可能性」も期待できます。 まさに、その第一弾こそが新型ソリオのフルモデルチェンジなのではないか? 逆に、新型ソリオのシャシー骨格は現行モデルに採用してるAセグメント用プラットフォームがそのまま流用されそう。 ダイハツのDNGAプラットフォームのように、軽自動車とAセグのシャシーは共用されるという情報はなし。 仮にそういった方向で開発が進んでいたとしても、スズキの企業規模も考えると新型ソリオのフルモデルチェンジには間に合うことはないか。

次の