更年期 太り やすい。 更年期に太る原因!予防対策と更年期のダイエット方法を解説!

【更年期脂肪】女性が更年期に太る3つの原因|更年期に太りやすい女性は生活習慣病に注意!

更年期 太り やすい

更年期とは、およそ40代後半から50代前半の10年間を指します。 更年期はそれまでの時期と異なり、明らかに太りやすく、痩せにくい体に変化していく為、ダイエットの効果が出にくくなるのが特徴です。 なぜ更年期になると太りやすくなるのでしょうか。 女性ホルモンの激減 更年期太りの大きな原因に更年期以降、女性ホルモン(エストロゲン)の量が急激に減少することが挙げられます。 エストロゲンにはコレステロールの増加を抑え、内臓脂肪の分解をサポートする働きがある為、エストロゲンが減少することにより、脂肪が代謝されにくくなり、体内の内臓脂肪が増加していくことに。 そして、若い頃は皮下脂肪がつきやすい傾向にある女性も、更年期以降はエストロゲンの分泌の減少により、皮下脂肪より腹筋の内側につく内臓脂肪が増え、男性のようにお腹がぽっこり出た体型になってしまうケースが多いのです。 またエストロゲンの急激な減少によりホルモンバランスが乱れると、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスも崩します。 自律神経のバランスが乱れると、満腹感が得られにくく過食気味になったり、血流悪化が原因のむくみや冷えが基礎代謝を低下させ、ますます痩せにくい体になりがちです。 筋肉量の低下 更年期は、加齢により筋肉量が低下しやすくなる為、基礎代謝の値も少なくなります。 基礎代謝とは睡眠や呼吸・体温の維持など体を動かさなくても消費されるエネルギーのこと。 基礎代謝が少なくなると、食べたカロリーを効率的に燃やすことができなくなるため、脂肪をため込みやすく、太りやすい体質になってしまうのです。 一般に筋肉量は加齢により1年で1%程度減っていくといわれますが、そうだとすると45歳では20歳の時に比べて約25%も筋肉量が減ってしまう計算となります。 これでは若い頃と同じ生活をしていては 太るのも当然といえるでしょう。 管理人がおすすめする 更年期太り解消ダイエット 更年期太りを解消してダイエットを成功させるには「食事制限と運動」が基本なのはおわかりだと思いますが、そうそう上手くいかないのも現実。 抑えられない食欲、仕事や家事による日々の疲労と戦いながらダイエットを成功させるには強い意志が必要ですが、正直辛いですよね。 そんな更年期太りを解消するのにぴったりの商品をご紹介していきます。 防風通聖散 脂肪燃焼と代謝アップに効果的な漢方薬、防風通聖散は正に更年期太り解消にぴったり。 女性に多い便秘、むくみ解消も期待できます。 室内でできるストレッチや、軽いウォーキング等と組合わせ、ダイエット生活をマイペースで始めるサポートにおすすめ。 1日3回ペースで飲むのですが、とりわけ足のむくみには効果がけっこうあります。 夕方になると靴がキツイ~足が痛い~ってなってたのがぐんと減りました。 漢方なだけあって、あんまり美味しい味ではないのですが、少量なので飲みにくいってこともないかな。 引用元: 内臓脂肪が多くお腹がぽっこりしているので、服用を続けています!! 利尿作用、割と感じます。 お通じも毎日出るようになり、体重までは減っていませんが、お腹周りがすっきりと感じるようになりました。 引用元: 2週間ほど飲んでみて。 ・便秘が改善した ・尿の回数が増えた ・むくみがとれてきた(尿の回数が増えたから?) ・代謝が上がった気がする(以前より汗をかくようになった) 1. 8キロ減りました。 私にはこの漢方、合うのかなと思いました。 引用元: 92. 3%の医師が「飲み続けたい!」と答えた満量処方の漢方薬 ファンケル 内脂サポート 肥満気味の人の高めのBMIを改善してくれるファンケルの機能性表示食品。 生きたビフィズス菌BB536、B-3等が腸内環境を良好にすることで体重や体脂肪を減らし、お腹まわりのスッキリ効果が期待できます。 実際にかなり改善したという口コミが多いのも印象的なサプリメント。 お試しを1ヶ月続けて、体重が2キロ減りました。 大人のカロリミットも試しましたが、なかなか結果出ませんでした。 内脂サポートは期待できそうです。 しばらく続けていこうと思います。 (60代・女性) これを飲むと毎朝すっきり快調です。 ぽっこりが気にならなくなってきました。 ゆるやかに気長に続けていきたいと思います。 (30代・女性) リピート購入しています。 のみ忘れがあるものの、人からちょっと変化あった?と言われますし、自分でも自覚があります。 他の脂肪はともかく内脂はとれづらいと思うのでこれからも続けようと思っています。 (50代・女性) 引用元: お通じ改善でぽっこりお腹まわりがスッキリ! 美容液ダイエットシェイク 更年期太り解消のダイエット開始の初期を正しく助けてくれる置き換えダイエット。 置き換えダイエットはリバウンドすると言われますが、正しく使えばダイエットの心強い味方。 特にダイエット開始時に無理なくカロリーダウンして少しでも体重減少がかなうと、モチベーションが上がりますよね。 辛い運動もやる気が起こるというもの。 食事量と質の見直し、軽い運動の併用等で、徐々に卒業していけばリバウンドの心配はありません。 美容液ダイエットシェイクは必要な栄養素をしっかり摂りながら正しいカロリーコントロールができるすぐれもの。 20種類の栄養素にピュアコラーゲンを配合、更に人工甘味料、着色料、乳化剤、保存料といった添加物を使っていないから、安心して毎日食べることができます。 午前中の間食なら罪悪感もなく、わりと好きにお菓子も食べています。 引用元: これまでに6箱飲んで合計で15キロ痩せました(途中でお休みした期間もあります)。 置き換えることで全体的に食が細くなったために痩せたとも言えそうです。 コラーゲンが入っているせいか、飲んだ翌日は肌がすべすべになります。 引用元: なんといっても美味しいです。 粉感はあるけど美味しいから気になりません。 牛乳で割って朝と晩の2回飲んでいますが一杯で本当にお腹が膨れますよ。 3日目ですが全体的に一回りはほっそりしました。 気合入れて2箱買ったので頑張って飲み切ります。 引用元: 累計1000万食突破のロングセラー置き換えダイエットシェイク! 更年期世代が目指すダイエット目標とは? 更年期世代は、20代や30代とは違うダイエット目標をたてることも重要です。 まずは自分のBMIを把握しましょう。 BMIの標準値は22で、25以上で肥満とされています。 いきなりハードルを高くせず、自分のBMIが25以内におさまる体重に目標を設定し、緩やかにライフスタイルや体質改善計画を立てることが長続きのコツです。 また更年期は内臓脂肪がアップし「かくれ肥満」が起こりやすい時期です。 かくれ肥満とは体重は標準内でも、体脂肪率のみ高い危険な状態のこと。 更年期世代の女性の体脂肪目安は22%~35%といわれています。 体脂肪35%以上は、やや太り気味のきらいがあるため注意しましょう。 朝目覚めたあとやお風呂あがりなど毎日一定の時間に体重計にのり、自分の体の変化に気づくことも、更年期ダイエットのポイントです。 更年期太りの解消法 痩せにくい更年期のダイエットを成功させる運動のポイントや更年期太りを健康的に解消するための食べ物や栄養素、食事の取り方の注意点、ダイエットをサポートするサプリメントなどをご紹介します。 運動でダイエット 思うように体重が減らない更年期世代のダイエット成功のポイントは「筋肉量を増やし代謝を上げること」と「体脂肪を燃焼させること」ですが、それには適度な運動が必要です。 ただし、体を壊したり、ストレスをためる原因にもなりますので、無理は禁物。 自分の体調に合わせて無理をしないことも更年期のダイエットを長続きさせる秘訣です。 まずは手軽に始められるウォーキングを毎日の日課に取り入れてみてはいかがでしょうか。 額にやや汗がにじむ程度の有酸素運動を定期的に続けることによって、体脂肪の燃焼を促し、体を引き締める効果が期待できます。 できれば厚生労働省が1日の歩数目標値にしていいる8500歩を目指しましょう。 歩く時間は食後がおすすめ。 食後に血糖値が上がると糖質を脂肪換えてしまう肥満ホルモン・インスリンが分泌されますが、食後の運動は血糖値の上昇を抑え、太りにくくしてくれます。 また、日常生活の中で小まめに動く、階段を使う、電車で座らない等、運動量を増やすことを意識するだけでも想像以上の効果が期待できます。 さらに、家の中で、筋肉量を増やすエクササイズも合わせて取り入れれば、ダイエット効果は加速し、更年期太り改善効果はかなり期待できるでしょう。 軽いダンベルを使った筋トレや腹筋運動、スクワットなど、胸やお腹、太ももといった大きな筋肉を鍛えるとより効率的にエネルギーを消費し、基礎代謝を上げることができます。 家の中でのトレーニングを効果的に行うポイントは• 少し汗ばむ程度行う• 胸やお腹、お尻や太もも等の大きな筋肉を鍛える• 食後に行い血糖値を上げない(空腹時の運動は血糖値を上げます)• 呼吸は力を入れる時に吐き、戻る時に吸う• 鍛えたい部位を意識しながら行う• 無理はしない。 自分の体調や体力に合わせて行う など。 いずれにしても、自分が続けられる運動をえらび、コツコツ続けるのが何より大事です。 ちなみに、管理人も色々試し中ですが、意外に続けやすいと感じているのが、• 夕食後の20分程度の速歩 (紫外線が気にならない、近所の人にも見られない、無料で今日からできる)• 朝食後のゴムチューブを使ったストレッチ (テレビを見ながら出来る、5分でも徐々に引き締まる)• テレビを見ながら負荷の少ない腹筋運動 (楽に腹筋運動が続けられるワンダーコアはかなりおすすめです。 ) でしょうか。 気合いを入れずに、出来ない日は休むのが継続のコツだと感じています。 食事でダイエット 痩せにくい更年期のダイエットを成功させるためには、毎日の食事の仕方に気を配ることも大切です。 極端な食事制限は体に必要な栄養が入らず、筋肉が痩せて太りやすい体質になる事もありますので注意が必要です。 筋肉量を増やし基礎代謝を上げる「タンパク質」・脳のエネルギーとなりイライラを抑える「炭水化物」、ホルモンバランスを整える「ビタミンE」などの栄養素は必ず摂取しましょう。 さらに、更年期は骨量が減りやすくなる時期。 ヨーグルトやチーズ・小松菜・豆腐などカルシウムを積極的に補うことも、健康的なボディにとって欠かせない栄養素です。 腹八分目を心がけて、バランスのよい食生活を意識しましょう。 更年期ダイエットにおすすめ栄養素&食材• タンパク質……卵、サーモン、牛肉、イワシ、大豆製品• 炭水化物……玄米、そば、ライ麦パン、オートミール• ビタミンE……アボカド、アーモンド、カボチャ、赤ピーマン• カルシウム……ヨーグルト、納豆、桜えび、わかさぎ 血糖値を上げない食事方法 血糖値が体内で急激に上昇すると、血糖値の急上昇を抑えようとインスリンが大量に分泌されます。 インスリンは糖を脂肪にかえ体脂肪を増やす、ダイエットにとっての天敵です。 食事で血糖値を急上昇させないためためには「ご飯よりおかずを先に食べる」「よく噛む」「海藻や野菜を意識して多くとる」などを意識するといいでしょう。 ご飯などの炭水化物より食物繊維やタンパク質などの副菜を先にいただくことで、血糖値の急上昇を予防することができます。 さらに、ゆっくり噛んで味わうことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを予防してくれます。 このように、食べる内容や食べる順番、食べ方などが更年期太りの原因にも改善にもつながりますので、食事の取り方にも注意が必要です。 サプリメントの活用でダイエットをサポート 更年期太りの解消には、食事管理と適度な運動で、なだらかに体重を落とすことが大切です。 とはいえ、家事や子育て、介護等、かなり多忙でストレスフルな更年期女性は思うように痩せられないのも現実。 そんな時は更年期のダイエットにも効果的な成分をサプリメントで補うのも有効です。 なかなか痩せない更年期におすすめの成分等をピックアップしてご紹介します。 ガルシニア 東南アジアに自生するガルシニアはカレーや魚料理の風味づけとして使用されることもあるスパイスの王様。 乾燥させた皮に発見された主要成分HCAに様々な働きが期待されています。 主な効果効能は「体脂肪が体にたまるのを防ぐ」こと。 ガルシニア(HCA)は体内で脂肪が生成されるのを防ぎ、血糖値の急激な上昇を抑制する働きがあります。 ガルニシアの効果を高めるために、サプリメントは「食事の前」に摂取することがおすすめ。 脂肪の燃焼を助ける働きもあるため、ストレッチやウォーキングなど軽い有酸素運動を組み合わせると、より痩せやすい体になれます。 ギムネマ インドでは糖尿病の治療薬として珍重されたギムネマ。 ギムネマの効果効能は「腸内で糖質の吸収をおさえ、血糖値の緩やかな上昇をもたらす」ことです。 ギムネマには甘みを感じなくさせる効果もあるので、スイーツ類の食べ過ぎ防止(おいしくなくなります)にも効果的。 なお、ギムネマの効果を更に高めるためには「食事の前」に摂るのがおすすめ。 ただし大量に摂取するとお腹がゆるくなる副作用もあるので、用法用量をしっかり守ることも大切です。 レシチン 脂質のひとつでもあるレシチンは、親油性だけでなく親水性も持ち合わせている成分です。 この為、水と油を結合させ、血管の内側についたコレステロールや中性脂肪と結びつき、肝臓へ運ぶ働きがあります。 同時に肝臓でコレステロールが生成されるのを防いでくれるため、コレステロール値を正常化させ、太りにくい体に。 レシチンの効果をさらに高めるためにはサプリメントは「食事と一緒もしくは食後」に摂るのがおすすめです。 キトサン カニ、海老の甲羅や殻から抽出される成分で、食事に含まれる脂肪と塩分の吸収を阻害する為、摂取カロリーと脂質、塩分を抑制することができるとされています。 食べたいけれど痩せたいという人向けのダイエットサプリにもよく配合されている、有名な成分。 食後に摂るのがおすすめです。 防風通聖散 防風通聖散は18種類の生薬を使い、脂肪燃焼や代謝アップといった効果が期待される漢方薬。 発汗、利尿、便通作用がある為、元々便秘気味で体力のある人向けとされています。 ただし、飲むだけでは期待したほどの効果は期待できないかもしれません。 食事量を見直し、適度な運動と組み合わせることでダイエットに効果を発揮します。 葛の花由来イソフラボン 葛の花に含まれるイソフラボンには体脂肪や内臓脂肪を分解し、脂肪燃焼を促進するきがあり、最近注目されているダイエット成分です。 特にお腹まわりに脂肪がつきやすい中高年の減量を無理なくサポートしてくれる為、更年期太りのダイエットにおすすめの成分です。 <まとめ> 痩せにくい更年期太りを解消するには若い頃と同じダイエット方法は通用しません。 誰でも体重が増加し痩せにくくなるのは仕方のないことなのです。 ただし、無理な食事制限は、体調不良の原因となったり、いっそう太りやすい体を作り逆効果です。 言い古されたことですが、体重増加をストップさせ、更年期太りを解消するには、• 適切な食事量• 必要な栄養成分をしっかり摂る• 食べる順番に気をつけ、よく噛んでゆっくり食べる• 有酸素運動を継続する といった健康的なダイエットが効果的です。 ただし、家事、仕事、子育てに介護も加わり始める時期ですのでストレスにも要注意。 サプリメントの力を借りてダイエットを加速させることがモチベーションの継続にもつながります。 更年期になったらサプリも上手に利用して、太り続けてしまうことがないよう気をつけていきましょう。

次の

女性が更年期に太る!この2つを改善したら太らない体質にさあやってみよう

更年期 太り やすい

いつのまにか太くなっていた二の腕やウエストなどに、「前はもっと細かったのに…!」なんて、嘆いていませんか?40代以降は、年々、脂肪が落ちにくくなってきますよね。 更年期の女性は、代謝が低下し、ホルモンバランスが乱れることから太りやすいカラダになると言われています。 そのような体型の変化を悩む女性に、更年期太りの原因と漢方流の対処方法として、おすすめの食べ物や生活アドバイス、おすすめ漢方薬などをご紹介します。 更年期に脂肪がつきやすい「更年期太り」とは 振袖のように揺れる二の腕、ノースリーブからはみ出る脇の肉、ズボンのウエストにのしかかる下腹、タイトな服を着るとハミでる肉が目立ってしまう…。 女性は更年期の頃になると若い頃に比べて一段とやせにくくなるだけでなく、 閉経を境に、二の腕や脇、背中、お腹など、特に上半身に脂肪がつきやすくなると言われています。 更年期は女性の人生の中でも、とても太りやすい時期のひとつです。 更年期とは閉経をはさんだ前後5年の10年間を指します。 日本人女性の平均閉経年齢は50〜51歳ですから、45〜55歳頃に更年期が始まる人が多いのですが、この頃は年齢を重ねるごとに体力だけでなく、基礎代謝も著しく低下するため、とても太りやすい状態にあります。 更年期に太りやすいもうひとつの理由 更年期に太りやすいのには、さらに大きな理由があります。 閉経に近づくにつれ、女性にとってとても重要な女性ホルモンのひとつである エストロゲンの分泌量が急激に減少します。 そのためホルモンバランスが大きく崩れ、ホットフラッシュや倦怠感などに代表されるさまざまな更年期障害の症状が出やすくなります。 このホルモンバランスの崩れが、更年期太りの一因となっていると考えられています。 エストロゲンには、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)の量を調整する機能と中性脂肪の蓄積を阻害する働きがあり、脂質代謝ととても深く関係していることが分かっているからです。 そのためエストロゲンが極端に欠乏する閉経後には、悪エストロゲンには、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)の量を調整する機能と中性脂肪の蓄積を阻害する働き玉コレステロールや中性脂肪が増加する脂質異常症や動脈硬化、肥満などが起こりやすいのです。 イライラも更年期太りの原因!? 更年期は女性ホルモンのバランスが崩れるだけでなく、その影響で 自律神経まで乱れてしまい、必要以上にイライラしやすくなると言われています。 自律神経が乱れることで、さらに甘いものを欲したり、食欲にムラが出たり、過食に走るなど食生活も乱れやすくなり、ますます太りやすくなってしまいます。 また自律神経が乱れることで、女性ホルモンのバランスもさらに崩れやすくなり、そのせいで代謝が乱れ太りやすくなるという、まさに負のスパイラルに。 更年期のイライラは、見過ごしてはならない更年期太りの大きな原因のひとつと言えるでしょう。 このように更年期には太りやすい条件がたくさん揃っているのです。 更年期太りは脂質代謝とイライラのWコントロールが鍵 更年期太りを克服するためには、脂質代謝を整えるだけでなく、 更年期特有のイライラを上手にコントロールすることが大切です。 痩せたいあまり無理をして逆にイライラを助長させてしまっては元も子もありません。 イライラをしっかりコントロールしたうえで、運動などで余分な脂質を燃焼させることが、効率よく更年期太りを減らすポイントです。 更年期のイライラを解消しよう! イライラにおすすめの解消法とは? 1. 生活に香りを取り入れる 漢方において、香りは、人の心身に働きかける要素のひとつだと捉えられています。 ストレスでイライラしたときには、 お気に入りの香りをかぎながら、ゆっくりと深呼吸してみましょう。 きっと気持ちが落ち着くはずです。 自分にとって心地の良い香りは気の巡りを良くして、気持ちを落ち着かせ、ストレスを発散させる働きがあると考えられているからです。 アロマオイルをハンカチに数滴垂らして、香りを常に持ち歩くとよいですね。 また一日の終わりに、アロマバスやハーブティーで一息つくのもおすすめです。 カラダを動かす 漢方ではカラダを動かすことで全身の気の巡りが良くなり、イライラを緩和する手助けになると考えられています。 おすすめなのは激しい運動ではなく、 カラダへの負担が少ないヨガやストレッチなど軽い運動。 特にヨガの呼吸法やポーズは気の巡りを良くするのにとても効果的です。 ゆっくり呼吸を意識して無理のない範囲で行いましょう。 イライラにおすすめの食べ物でサポート アロエ 最近欧米では スーパーフードとして話題になっているアロエ。 便通を良くすると日本でも話題になっていますが、漢方の世界では蘆薈(ろかい)と呼ばれ、カラダに溜まった余分な熱を冷まし、 イライラした気持ちを落ち着かせる働きがあると言われ、イライラしたときや、なかなか眠れないときなどに昔から重宝されてきました。 生のアロエがなかなか手に入りにくいというときは、ジュースやヨーグルト、シロップ漬けなど、スーパーや通販サイトで簡単に購入することができるアロエの加工食品がおすすめです。 セロリ セロリは漢方の世界では芹菜(きんさい)と呼ばれ、アロエと同じく、 カラダに溜まった余分な熱を冷まし、イライラを緩和し精神を安定させる働きがあると言われています。 特に香りの成分であるアピインやセネリンに精神を安定させる働きがあると言われています。 また、 セロリは加熱しても香りがとびにくいため、安心して加熱できるのも嬉しいところ。 冷えが気になるときは、炒め物やスープにするなど加熱調理して頂くのがおすすめです。 トマト 最近では抗酸化作用のあるリコピンが有名になるなど、その有用性が話題になるトマトですが、漢方の世界では カラダを潤して口の渇きを癒したり、カラダに溜まった余分な熱を冷まし、イライラを緩和して気持ちを穏やかにする働きがあると言われています。 イライラするときには加熱するよりも、サラダやマリネなど生で食べるのがおすすめです。 気軽に食べやすい食材なので毎日の食卓にプラスしたいですね。 更年期太りを改善するためにおすすめの漢方薬「大柴胡湯」とは? 脂肪を燃焼させようと、いろいろ頑張ってはみるものの、なかなか結果が出ないというときは、脂質代謝が思いのほか低下しているかもしれません。 そんなときには カラダの中から脂質代謝をアップさせ、脂肪を燃やしてくれる漢方薬がおすすめです。 数ある漢方薬の中でも特におすすめしたいのが「 」 大柴胡湯に配合されているサイコ、ハンゲ、ショウキョウ、ダイオウ、オウゴン、シャクヤク、タイソウ、キジツという8種類の生薬により、ストレスなどによるエネルギーの停滞を改善し、流れをよくすることでカラダの熱を取り除き、 脂質の代謝を上げて余分な脂肪を減らすと同時にその働きからイライラを抑えることができます。 また 便秘を改善する働きもあり、便秘に悩む方にもおすすめと言えます。 効能効果には、「体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの次の諸症:胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症 」とあり、肥満症だけでなく、幅広く活用されています。 <PR> 更年期太りが気になる方に.

次の

【更年期脂肪】女性が更年期に太る3つの原因|更年期に太りやすい女性は生活習慣病に注意!

更年期 太り やすい

更年期は太りに注意!更年期太りの理由と対処法を紹介 若い頃はダイエットしたら簡単に痩せたのに、最近は運動してもなかなか体重が落ちないと悩んでいませんか? もしかしたら更年期が原因かもしれません。 更年期障害により女性ホルモンが乱れ、体質も変わってしまいます。 なかなか痩せないのは辛いですよね。 しかし更年期は女性にとって避けては通れない時期です。 更年期太りの主な原因は2つ考えられます。 更年期でも楽しく健康的な生活を目指しましょう。 更年期に太りやすくなるのはホルモンの乱れ 明確なメカニズムはまだ分かっていないのですが、更年期に太りやすくなるのは性ホルモンが関与していると考えられています。 女性ホルモンの低下 更年期になると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が少なくなります。 エストロゲンの分泌が低下することで、ホルモンバランスが乱れるのが更年期症状です。 エストロゲンは、内臓脂肪を溜め込む作用に関与するアルデヒド脱水素酵素を抑える働きがあります。 更年期によるエストロゲンの低下により、アルデヒド脱水素酵素の働きが弱くなり女性の身体は内臓脂肪を貯めやすい身体へと変わってしまうのです。 また、エストロゲンは脂質代謝にも関与しています。 エストロゲンの分泌が少なくなることにより以下の脂質に影響を与えます。 閉経による男性ホルモン値の上昇 閉経することにより、女性ホルモンの分泌が大きく減少することで、相対的に更年期女性における男性ホルモンの値が上がってしまいます。 男性ホルモンのイメージは筋肉作りです。 しかし脂肪に関していうと、男性ホルモンは皮下脂肪より内臓脂肪を溜めやすい働きがあります。 女性ホルモンの減少と、相対的な男性ホルモンの値の上昇により、女性の身体は皮下脂肪より内臓脂肪を溜めやすい身体になってしまうのです。 更年期に太りやすくなるのは加齢とホルモンが原因 更年期に太りやすくなる理由として加齢も考えられます。 更年期とは閉経を挟んだ前後5年間の期間で、平均閉経年齢が50歳の日本では45歳から55歳の約10年間といわれています。 加齢による運動機能・筋肉量の低下 運動機能の低下は、日常活動度の程度や性別による個人差が大きいですが、一般的には加齢に伴い、運動機能の低下がみられます。 また筋肉量も加齢とともに減少します。 20歳時と80歳時の筋肉量を比べた研究によると、最も筋肉量の減少率が大きい部位は脚などの下肢です。 次に全身、ついで腕などの上肢の順に加齢による筋肉量の減少が見られました。 エネルギー摂取の増加と消費量の低下 加齢によって基礎代謝量が下がってしまいます。 基礎代謝量とは、何もせずじっとしている時でも、生命活動をするために必要最小限のエネルギーのことです。 加齢に伴い、食事量が徐々に減ることはあります。 しかし1回の食事量は減っても、代わりに脂肪分の多い欧米化された食生活を好んだり、間食の量が変わらなかったりするのであれば、摂取エネルギー量はあまり変わらないでしょう。 基礎代謝量が下がっていく一方で、エネルギー摂取量が変わらないとエネルギー過多になり更年期太りにつながるのです。 更年期太りの対策方法3つを紹介 更年期太りに効果的な対策として以下の3つをおすすめします。 有酸素運動をする 更年期太りの主な原因は内臓脂肪の蓄積です。 内臓脂肪は生活習慣を改善すれば皮下脂肪よりも減らしやすいことが知られています。 食生活や運動習慣を改善することにより減らせる脂肪なので、普段の生活から変えていくことがおすすめです。 特に有酸素運動は、内臓脂肪を減らすのに効果的です。 有酸素運動による脂肪の燃焼は皮下脂肪より先に内臓脂肪が燃えるといわれています。 主な有酸素運動として以下が挙げられます。 しかし、やりすぎると身体ストレスにもなってしまうので、内臓脂肪を燃やす目的であれば、有酸素運動をおすすめします。 サプリメントを摂る 更年期に効果的なサプリメントは色々あり、ドラッグストアや薬局でも購入できます。 エクオールは更年期太りだけでなく、のぼせたりほてったりするホットフラッシュ症状や他の更年期症状にも効果的なことが研究でわかっています。 漢方を飲む 日本でよく飲まれる漢方とは、植物の根や茎などを乾燥させ作った生薬を煎じたエキスを顆粒とした薬です。 自然由来なので副作用が少ないと考えられています。 体質改善の目的で用いられるお薬です。 大柴胡湯(だいさいことう) 大柴胡湯は肝臓での脂質代謝を改善する漢方薬です。 またコレステロールの上昇を抑える働きもあります。 大柴胡湯の作用により、更年期太りに対して以下の効果が期待できます。 女性ホルモンの乱れによりみられる症状が、更年期症状です。 更に血のめぐりが悪くなることによっても女性ホルモンのバランスが悪くなります。 桂枝茯苓丸は直接女性ホルモンを補充する訳ではないのですが、めぐりが悪くなった血液の循環を良くする働きがあるため、更年期に効果的な漢方薬です。 更年期と向き合って良い対策を見つけよう この記事では更年期太りの原因と対策に関して解説しました。 更年期太りの正体は内臓脂肪の蓄積です。 内臓脂肪の蓄積の原因は性ホルモンの乱れと加齢にあると考えられています。 更年期太りへの対処法は以下の3つが効果的です。 更年期にみられる症状としては他にもあります。 更年期や加齢という歳を重ねていく中で、更年期と向き合い対処し、健康的な生活を送りましょう。

次の