伊勢 海老 の 保存 方法。 初めてでもできる!伊勢海老の下ごしらえの方法

【グロ注意】初心者も出来る、活き伊勢海老の調理法

伊勢 海老 の 保存 方法

生きているのと死んでいるのとでは、保存方法が違います。 アワビ、伊勢海老、車えびすべて生きて来るのなら活きているうちに調理した方がいいです。 生きたまま冷凍しても問題ありませんが、解凍後刺身では食べられないこともないですが、全然美味しくありません。 冷凍するならすべて生のままのほうがよいでしょう。 生のまま冷凍し、使うときに解凍して茹でたほうが、茹でて冷凍したものより、プリプリ感がはるかにいいです。 茹でて冷凍すると水分がぬけて、パサパサになりやすいです。 ちなみに活きた伊勢海老を丸ごと(切った場合死んだ場合は湯から)茹でるときは、塩入れない水からです!なぜなら熱湯に生きたまま入れると、伊勢海老や蟹類は自切といって、ビックリして逃げようと自分の足などを切ってしまいます。 あと昔から「エビは塩なし」と言って茹でるときは塩を入れません。 活きたまま保存するのは アワビは濡れた布巾でくるんでおくと、4~5日位は生きています。 伊勢海老は海水ないとよっぽど活きがよくても、1~もって2日くらいです。 車えびも伊勢海老と同じくらいでしょうか。 参考までに、生きたまま刺身で食べるのは歯ごたえがあってプリプリしてますが、旨味はあまりありません。 死んでからの方が、歯ごたえはないものの旨味、甘味はすごくあります。 一長一短ですがその人の好みです。 機会があれば試してください。 魚も同様です。 A ベストアンサー おがくずの場合は湿らせる必要はないです。 下記URL「エビのお宿はおがくず?」の項をご参考になさってください。 新聞紙を湿らせるのは、URLの項にあるように、エラを乾き過ぎないようにするためです。 新聞紙はエラを塞いでくれないので濡らします。 箱は発砲スチロールがいいです。 スーパーなどで貰えます。 数匹・・・2,3匹が限度でしょう。 かなり縄張り意識の強い奴らなので、喧嘩して足やひげがもげたりします。 梱包したらソク!クール便にお願いしましょう。 寒い間は寝てますから安心です。 ふたを開けてしばらくすると、ビンビンはねます。 料理の時、あまり暴れるようだったら、氷水に2,30分つけておくと仮死状態になって扱いやすいです。 ryougo. 基本的に伊勢エビやあわびなどの海産物は捕獲すると違法です。 これにはイセエビやあわびのような甲殻類からイカ・タコなどの軟体動物(実はこれらも甲殻類)、魚類まで当てはまります。 ただしイギリスの諺に「例外のない法律はない」とある通り竿ならびに手釣りによる遊戯としての釣りは漁には当てはまらない、従ってコレを密漁とはなりません。 ただし釣った獲物を市場に持っていって換金したらそれは遊戯ではなく利益が出たということで、立派な漁になります。 どうやら竿を使って釣る量は網を使ったり潜って捕まえるよりはるかに効率が悪いということで漁業関係者もお目こぼしをしてくれているようです。 今回の質問でミソはエビを竿で釣っている、という点です。 売ることを目的にしていなければ効率の悪い釣りは遊戯として認められるので誰も文句を言わない、と(イセエビでもザリガニでも手で取ったほうが効率が良い)。 もしそこで潜って捕まえていたり網を仕掛けていたら逃げも隠れもできない密漁者で逮捕された挙句しこたま罰金を払わされます。 罰則は密漁者の前科や捕獲量などで変動するので一概には言い切れませんが、予想以上に厳しいですよ。 どうも、釣りバカです。 基本的に伊勢エビやあわびなどの海産物は捕獲すると違法です。 これにはイセエビやあわびのような甲殻類からイカ・タコなどの軟体動物(実はこれらも甲殻類)、魚類まで当てはまります。 ただしイギリスの諺に「例外のない法律はない」とある通り竿ならびに手釣りによる遊戯としての釣りは漁には当てはまらない、従ってコレを密漁とはなりません。 ただし釣った獲物を市場に持っていって換金したらそれは遊戯ではなく利益が出たということで、立派な漁になります。 どうやら竿を使っ... Q 愛知でイセエビ釣りをしても問題のないところでイセエビ釣りをしています。 他の釣り人も言ってましたがエサはマムシが1番良いようですが、 ネットで見るとイカやサンマ、青虫などでも釣れると書いてあります。 ジャムシは高価ですし近所に売ってないので、 できればその他のエサで釣りたいのですが、 青虫、サンマ、イカ、貝で釣りをしても釣れた事がありません。 マムシでなら何匹か釣れました。 たまたまマムシを使った時はよく釣れる日で、 他のエサを使った時は釣れない日だったのかもしれませんが。 エサが悪いのか日が悪いのか分かりません。 時代や地方によっては同じエサなのに、釣れる釣れないがあるのでしょうか。 今もどこかでサンマやイカでイセエビを釣りまくっている方はいませんか? 実話を聞いて自信を持ちたいです。 イカやサンマなら近所のスーパーで安く手に入りますし、 青虫も近所のエサ屋で安く買えます。 この前サンマでイセエビ釣りをしていたら、 他の釣り人にサンマでは厳しいと言われました。 青虫で釣りをしていたら、何年か前までは青虫でも釣れたが今は釣れないと言われました。 愛知でイセエビ釣りをしても問題のないところでイセエビ釣りをしています。 他の釣り人も言ってましたがエサはマムシが1番良いようですが、 ネットで見るとイカやサンマ、青虫などでも釣れると書いてあります。 ジャムシは高価ですし近所に売ってないので、 できればその他のエサで釣りたいのですが、 青虫、サンマ、イカ、貝で釣りをしても釣れた事がありません。 マムシでなら何匹か釣れました。 たまたまマムシを使った時はよく釣れる日で、 他のエサを使った時は釣れない日だったのかもしれませんが。... A ベストアンサー 冷蔵で1週間はギリギリ持つか微妙なところですね。 本来、活車海老のままで食べるのが一番美味しいのですぐに食べてもらうのがいいんですけどね。 保存されるのでしたら皆さんの言うようにタッパーに氷水を入れてその中に入れて氷のブロックの中に閉じ込めるのが冷凍焼け、乾燥もせず長持ちします。 ただし、解凍する時に全部使い切ってしまわないといけないので少し手間はかかりますが1匹づつ2~3時間ほど冷凍して表皮にサッと水をかけて氷の膜を作って冷凍しておくと必要な時に1匹づつ使えて便利ですよ。 どちらにせよ死んでしまうと鮮度劣化が早いので冷凍される時にも生きたままの状態で冷凍する事をお勧めします。 A ベストアンサー 下ごしらえは何で食べるかによって違います。 刺身は皆さんの言うとおり塩して綺麗に洗うのが理想でしょうけど、陶板焼きや、バター焼きは私は軽くしか洗いません。 理由はあまり綺麗に洗うと、磯の香りがなくなってしまいます。 陶板焼きは特にですね。 刺身は殻からはずしてひだひだの部分は硬いので外します。 で、貝柱みたいなところを薄くスライスして肝醤油で食べれば美味しいです。 ひだひだは、酒と水の同割り(玉酒っていいます)で柔らかくするために大根入れて30分ほど蒸して食べれば、柔らかくて美味しいです。 酒でくさみ取れ大根入れる事で柔らかくなります。 勿論アワビの身ごと蒸しても柔らかくて美味しいです。 ボイルは中に火入るまでやると、かなり小さくなってしまいます。 生きているの触れないのであれば、殻のほうを良く洗ってそのまま蒸して、そのあと外してもいいかも。 肝は緑の部分ですが、全て食べられるわけではありません。 説明しにくいですが、砂が入っている部分があります。 生ではさすがに食べない方がいいでしょう。 食べるなら、玉酒で蒸すか、ボイルしてからですね。 加熱した肝を裏ごして刺身醤油に混ぜれば、肝醤油の出来上がりです。 バター焼きは生きているの触れないのであれば、これも殻のほうを良く洗ってそのまま焼けばよいでしょう。 熱したフライパンにアワビ入れ、白ワイン入れてアルミホイルで素早くフタをして蒸し焼きみたいにするといいでしょう。 その後に塩なり、胡椒なり、醤油なりいれて味付けすれば良いとおもいます。 そして最後あたりにバター入れて完成。 この場合は最後にバター入れたほうが、バターの香りが飛びすぎず良いでしょうね。 家庭ではなかなか難しいかも知れませんが、頑張ってみて下さい。 下ごしらえは何で食べるかによって違います。 刺身は皆さんの言うとおり塩して綺麗に洗うのが理想でしょうけど、陶板焼きや、バター焼きは私は軽くしか洗いません。 理由はあまり綺麗に洗うと、磯の香りがなくなってしまいます。 陶板焼きは特にですね。 刺身は殻からはずしてひだひだの部分は硬いので外します。 で、貝柱みたいなところを薄くスライスして肝醤油で食べれば美味しいです。 ひだひだは、酒と水の同割り(玉酒っていいます)で柔らかくするために大根入れて30分ほど蒸して食べれば、柔... ですが、呼吸しないと死んでしまいます。 かと言って空気中から直接酸素を取り込むことができません。 けれどもエラが濡れていると、その水分に溶け込んだ酸素を呼吸に利用することができます。 そういう意味では、上記2番目の理由が重要です。 こういう理由で、クルマエビやイセエビは空気輸送が可能なのだそうです。

次の

海老の保存方法と賞味期限まとめ

伊勢 海老 の 保存 方法

生きているのと死んでいるのとでは、保存方法が違います。 アワビ、伊勢海老、車えびすべて生きて来るのなら活きているうちに調理した方がいいです。 生きたまま冷凍しても問題ありませんが、解凍後刺身では食べられないこともないですが、全然美味しくありません。 冷凍するならすべて生のままのほうがよいでしょう。 生のまま冷凍し、使うときに解凍して茹でたほうが、茹でて冷凍したものより、プリプリ感がはるかにいいです。 茹でて冷凍すると水分がぬけて、パサパサになりやすいです。 ちなみに活きた伊勢海老を丸ごと(切った場合死んだ場合は湯から)茹でるときは、塩入れない水からです!なぜなら熱湯に生きたまま入れると、伊勢海老や蟹類は自切といって、ビックリして逃げようと自分の足などを切ってしまいます。 あと昔から「エビは塩なし」と言って茹でるときは塩を入れません。 活きたまま保存するのは アワビは濡れた布巾でくるんでおくと、4~5日位は生きています。 伊勢海老は海水ないとよっぽど活きがよくても、1~もって2日くらいです。 車えびも伊勢海老と同じくらいでしょうか。 参考までに、生きたまま刺身で食べるのは歯ごたえがあってプリプリしてますが、旨味はあまりありません。 死んでからの方が、歯ごたえはないものの旨味、甘味はすごくあります。 一長一短ですがその人の好みです。 機会があれば試してください。 魚も同様です。 A ベストアンサー おがくずの場合は湿らせる必要はないです。 下記URL「エビのお宿はおがくず?」の項をご参考になさってください。 新聞紙を湿らせるのは、URLの項にあるように、エラを乾き過ぎないようにするためです。 新聞紙はエラを塞いでくれないので濡らします。 箱は発砲スチロールがいいです。 スーパーなどで貰えます。 数匹・・・2,3匹が限度でしょう。 かなり縄張り意識の強い奴らなので、喧嘩して足やひげがもげたりします。 梱包したらソク!クール便にお願いしましょう。 寒い間は寝てますから安心です。 ふたを開けてしばらくすると、ビンビンはねます。 料理の時、あまり暴れるようだったら、氷水に2,30分つけておくと仮死状態になって扱いやすいです。 ryougo. 基本的に伊勢エビやあわびなどの海産物は捕獲すると違法です。 これにはイセエビやあわびのような甲殻類からイカ・タコなどの軟体動物(実はこれらも甲殻類)、魚類まで当てはまります。 ただしイギリスの諺に「例外のない法律はない」とある通り竿ならびに手釣りによる遊戯としての釣りは漁には当てはまらない、従ってコレを密漁とはなりません。 ただし釣った獲物を市場に持っていって換金したらそれは遊戯ではなく利益が出たということで、立派な漁になります。 どうやら竿を使って釣る量は網を使ったり潜って捕まえるよりはるかに効率が悪いということで漁業関係者もお目こぼしをしてくれているようです。 今回の質問でミソはエビを竿で釣っている、という点です。 売ることを目的にしていなければ効率の悪い釣りは遊戯として認められるので誰も文句を言わない、と(イセエビでもザリガニでも手で取ったほうが効率が良い)。 もしそこで潜って捕まえていたり網を仕掛けていたら逃げも隠れもできない密漁者で逮捕された挙句しこたま罰金を払わされます。 罰則は密漁者の前科や捕獲量などで変動するので一概には言い切れませんが、予想以上に厳しいですよ。 どうも、釣りバカです。 基本的に伊勢エビやあわびなどの海産物は捕獲すると違法です。 これにはイセエビやあわびのような甲殻類からイカ・タコなどの軟体動物(実はこれらも甲殻類)、魚類まで当てはまります。 ただしイギリスの諺に「例外のない法律はない」とある通り竿ならびに手釣りによる遊戯としての釣りは漁には当てはまらない、従ってコレを密漁とはなりません。 ただし釣った獲物を市場に持っていって換金したらそれは遊戯ではなく利益が出たということで、立派な漁になります。 どうやら竿を使っ... Q 愛知でイセエビ釣りをしても問題のないところでイセエビ釣りをしています。 他の釣り人も言ってましたがエサはマムシが1番良いようですが、 ネットで見るとイカやサンマ、青虫などでも釣れると書いてあります。 ジャムシは高価ですし近所に売ってないので、 できればその他のエサで釣りたいのですが、 青虫、サンマ、イカ、貝で釣りをしても釣れた事がありません。 マムシでなら何匹か釣れました。 たまたまマムシを使った時はよく釣れる日で、 他のエサを使った時は釣れない日だったのかもしれませんが。 エサが悪いのか日が悪いのか分かりません。 時代や地方によっては同じエサなのに、釣れる釣れないがあるのでしょうか。 今もどこかでサンマやイカでイセエビを釣りまくっている方はいませんか? 実話を聞いて自信を持ちたいです。 イカやサンマなら近所のスーパーで安く手に入りますし、 青虫も近所のエサ屋で安く買えます。 この前サンマでイセエビ釣りをしていたら、 他の釣り人にサンマでは厳しいと言われました。 青虫で釣りをしていたら、何年か前までは青虫でも釣れたが今は釣れないと言われました。 愛知でイセエビ釣りをしても問題のないところでイセエビ釣りをしています。 他の釣り人も言ってましたがエサはマムシが1番良いようですが、 ネットで見るとイカやサンマ、青虫などでも釣れると書いてあります。 ジャムシは高価ですし近所に売ってないので、 できればその他のエサで釣りたいのですが、 青虫、サンマ、イカ、貝で釣りをしても釣れた事がありません。 マムシでなら何匹か釣れました。 たまたまマムシを使った時はよく釣れる日で、 他のエサを使った時は釣れない日だったのかもしれませんが。... A ベストアンサー 冷蔵で1週間はギリギリ持つか微妙なところですね。 本来、活車海老のままで食べるのが一番美味しいのですぐに食べてもらうのがいいんですけどね。 保存されるのでしたら皆さんの言うようにタッパーに氷水を入れてその中に入れて氷のブロックの中に閉じ込めるのが冷凍焼け、乾燥もせず長持ちします。 ただし、解凍する時に全部使い切ってしまわないといけないので少し手間はかかりますが1匹づつ2~3時間ほど冷凍して表皮にサッと水をかけて氷の膜を作って冷凍しておくと必要な時に1匹づつ使えて便利ですよ。 どちらにせよ死んでしまうと鮮度劣化が早いので冷凍される時にも生きたままの状態で冷凍する事をお勧めします。 A ベストアンサー 下ごしらえは何で食べるかによって違います。 刺身は皆さんの言うとおり塩して綺麗に洗うのが理想でしょうけど、陶板焼きや、バター焼きは私は軽くしか洗いません。 理由はあまり綺麗に洗うと、磯の香りがなくなってしまいます。 陶板焼きは特にですね。 刺身は殻からはずしてひだひだの部分は硬いので外します。 で、貝柱みたいなところを薄くスライスして肝醤油で食べれば美味しいです。 ひだひだは、酒と水の同割り(玉酒っていいます)で柔らかくするために大根入れて30分ほど蒸して食べれば、柔らかくて美味しいです。 酒でくさみ取れ大根入れる事で柔らかくなります。 勿論アワビの身ごと蒸しても柔らかくて美味しいです。 ボイルは中に火入るまでやると、かなり小さくなってしまいます。 生きているの触れないのであれば、殻のほうを良く洗ってそのまま蒸して、そのあと外してもいいかも。 肝は緑の部分ですが、全て食べられるわけではありません。 説明しにくいですが、砂が入っている部分があります。 生ではさすがに食べない方がいいでしょう。 食べるなら、玉酒で蒸すか、ボイルしてからですね。 加熱した肝を裏ごして刺身醤油に混ぜれば、肝醤油の出来上がりです。 バター焼きは生きているの触れないのであれば、これも殻のほうを良く洗ってそのまま焼けばよいでしょう。 熱したフライパンにアワビ入れ、白ワイン入れてアルミホイルで素早くフタをして蒸し焼きみたいにするといいでしょう。 その後に塩なり、胡椒なり、醤油なりいれて味付けすれば良いとおもいます。 そして最後あたりにバター入れて完成。 この場合は最後にバター入れたほうが、バターの香りが飛びすぎず良いでしょうね。 家庭ではなかなか難しいかも知れませんが、頑張ってみて下さい。 下ごしらえは何で食べるかによって違います。 刺身は皆さんの言うとおり塩して綺麗に洗うのが理想でしょうけど、陶板焼きや、バター焼きは私は軽くしか洗いません。 理由はあまり綺麗に洗うと、磯の香りがなくなってしまいます。 陶板焼きは特にですね。 刺身は殻からはずしてひだひだの部分は硬いので外します。 で、貝柱みたいなところを薄くスライスして肝醤油で食べれば美味しいです。 ひだひだは、酒と水の同割り(玉酒っていいます)で柔らかくするために大根入れて30分ほど蒸して食べれば、柔... ですが、呼吸しないと死んでしまいます。 かと言って空気中から直接酸素を取り込むことができません。 けれどもエラが濡れていると、その水分に溶け込んだ酸素を呼吸に利用することができます。 そういう意味では、上記2番目の理由が重要です。 こういう理由で、クルマエビやイセエビは空気輸送が可能なのだそうです。

次の

伊勢海老の捌き方は簡単!伊勢海老料理・刺身&マヨ焼きが絶品

伊勢 海老 の 保存 方法

おがくずの場合は湿らせる必要はないです。 下記URL「エビのお宿はおがくず?」の項をご参考になさってください。 新聞紙を湿らせるのは、URLの項にあるように、エラを乾き過ぎないようにするためです。 新聞紙はエラを塞いでくれないので濡らします。 箱は発砲スチロールがいいです。 スーパーなどで貰えます。 数匹・・・2,3匹が限度でしょう。 かなり縄張り意識の強い奴らなので、喧嘩して足やひげがもげたりします。 梱包したらソク!クール便にお願いしましょう。 寒い間は寝てますから安心です。 ふたを開けてしばらくすると、ビンビンはねます。 料理の時、あまり暴れるようだったら、氷水に2,30分つけておくと仮死状態になって扱いやすいです。 参考URL: Q 水産系の大学生です。 この度、勉強とちょっとした実験を兼ねて水槽を立ち上げ、昨日ミナミヌマエビを入れてみました。 エビは繊細だと聞いていましたが、案の定、朝になってぐったりしているエビを見つけました。 死んだのだと思って取り除こうとしたところ、ピクッと動いたので別の容器に入れましたが、 ひっくり返ったままひげ一本動かそうとせず、どう見ても死にかけている感じでした。 が、その後7時間ほど放置して見てみると、驚いたことにかなり元気になっていました。 低温での仮死状態は聞いたことがありますが、他の要因でもこんなことってあるものなのでしょうか? 水合わせが不十分だったのかもしれませんが、隔離する時はもっといい加減な扱いをしたのに (水槽の水とカルキ抜きした水道水を半分ずつ混ぜるだけ)復活したので、それはどうなのだろうかとも思います。 ちなみに環境はというと、アクアリストの方が聞いたら怒ること間違いなしのものです。 容器のサイズは小さく(4L程度と12L程度)、機械一切なし(部屋の照明除く)、砂と水草(アナカリスとマツモ)とアカヒレを入れて1月ほどおいただけのものです。 アカヒレはさすがに丈夫なだけあっていつも元気いっぱいですが、繊細なエビには耐えられる環境ではないのかもしれません。 亜硝酸濃度は降下済みですが、0. 3mg未満の若干量(正確な値は分かりません)ありました。 エビ相手ではこれでも危ないものなのでしょうか? こんな環境で生き物を飼うなとおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、 生物の強さと弱さ、そして物質循環などについて知るにはどうしたら良いかと考えたところ、 もっとも簡単な方法がこれだという結論に落ち着いたのです。 正直エビ全滅もしかたないと思っています。 心を痛める方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありません。 水産系の大学生です。 この度、勉強とちょっとした実験を兼ねて水槽を立ち上げ、昨日ミナミヌマエビを入れてみました。 エビは繊細だと聞いていましたが、案の定、朝になってぐったりしているエビを見つけました。 死んだのだと思って取り除こうとしたところ、ピクッと動いたので別の容器に入れましたが、 ひっくり返ったままひげ一本動かそうとせず、どう見ても死にかけている感じでした。 が、その後7時間ほど放置して見てみると、驚いたことにかなり元気になっていました。 低温での仮死状態は聞いたことがあ... Q 伊勢海老を飼っています。 一昨年の12月に渡船屋でもらった食用です。 (違法な物ではありません) 飼育して、去年の6月に脱皮しました。 その後10月と今年になって2月11日に脱皮しました。 また、最近動きが少し変ってきたので、近いうちに脱皮するのかな?と思っています。 文献によると、脱皮は年に2回(6ヶ月)と有ります。 しかし我家の伊勢海老は最初は6ヶ月以?だと思われますが、 その後は4ヶ月・・・4ヶ月・・・で、 6月に脱皮すると、また4ヶ月です。 エビは外骨格ですので、脱皮は成長に伴う物だと思っています。 でも知人(釣友)は水が悪いと脱皮すると言います。 だったら、栄養を与えて、水を悪くすればもっと脱皮するのでしょうか? 脱皮させる事が目的ではなく、大きく育てたいだけです。 (長く生きて欲しいです) 副産物として、 脱皮後の抜け殻は綺麗に形を作って乾かしていますので、 それも楽しみの一つではありますが・・・ 水が悪くて4ヶ月で脱皮するなら、 水の改善を考えなくてはいけませんし・・・ その当りどうなんでしょうか??? ちなみに、今はペットになっていますので、食用では有りません。 餌は、イソスジエビ?(藻に住む透き通ったエビです)とオキアミ・磯に居る巻き貝などと この時期はアサリやワカメなどです。 先日、サザエを食べらてしまいました。 時々、釣った魚の刺身の切れ端も与えています。 去年の夏にはペルチェ素子のクーラーも買って、水温は28度以下を保っています。 (過去にチヌやグレが30度以上になって死んでしまいましたから・・・) 伊勢海老を飼っています。 一昨年の12月に渡船屋でもらった食用です。 (違法な物ではありません) 飼育して、去年の6月に脱皮しました。 その後10月と今年になって2月11日に脱皮しました。 また、最近動きが少し変ってきたので、近いうちに脱皮するのかな?と思っています。 文献によると、脱皮は年に2回(6ヶ月)と有ります。 しかし我家の伊勢海老は最初は6ヶ月以?だと思われますが、 その後は4ヶ月・・・4ヶ月・・・で、 6月に脱皮すると、また4ヶ月です。 エビは外骨格ですので、脱皮は成長に伴う物だと... ・そうですね。 伊勢エビのようなハードシェルの場合、脱皮のスパンは年に2回前後です。 水が悪く(=汚い)ても、脱皮を誘発するわけではありません。 甲殻類は、成長脱皮のほかに、環境変化「水質(pHや硬度)の急変や水温変動、気圧変動」と月齢(満月、新月)により脱皮が促されます。 水中の汚れが、間接的に硬度などの水質急変につながれば、早期の脱皮の繋がる可能性はありますが、とても危険です。 ただ、単に、餌(=有機物)を増やして、富栄養化させたところで、飼育水中のアンモニアなど有毒物質の濃度が高まるだけ。 (長く生きて欲しいです) ・飼育水中のカルシウム濃度を若干高めに保ち、しっかり餌を与えること。 ・飼育環境は、体長(額から尾まで)の5倍以上の水槽で飼育すること。 正常な成長脱皮の場合、稚エビならば30%、成体ならば3%前後ほど大きく成長します。 環境変化に対応するための脱皮の場合、まったく成長しないこともあります。 また、無理な脱皮は、脱皮不全により死亡する可能性も高まります。 このため、無理な脱皮促進はオススメしません。 20年ほど前に、小笠原まで伊勢エビの生態調査に出掛けたことがあります。 当時は、体長60cm級の一升瓶よりも太い伊勢エビがゴロゴロ生息していました。 (味噌仕立ての具足煮でいただきました) エビが大きく育つ理由は、 ・小笠原諸島は火山島のため、海域のカルシウムやマグネシウム濃度が若干高い。 ・天敵が少ない。 ・水温が年間通じて暖かい。 ・餌が多い。 ・そうですね。 伊勢エビのようなハードシェルの場合、脱皮のスパンは年に2回前後です。 水が悪く(=汚い)ても、脱皮を誘発するわけではありません。 甲殻類は、成長脱皮のほかに、環境変化「水質(pHや硬度)の急変や水温変動、気圧変動」と月齢(満月、新月)により脱皮が促されます。 水中の汚れが、間接的に硬度などの水質急変につな... A ベストアンサー こんにちは。 私もテトラポットでカサゴ、ギンポ、メバルを釣っています。 PEラインは痛みやすくすぐに切れてしまうので最初から3号ナイロン糸を使っていましたよ。 ただ、おっしゃるように太いラインは流れに影響を受けやすいので、その分錘の重さを大きくするなどの工夫をしています。 でも、質問者様がPEラインの方が釣りやすいと思うのならこのままPEラインを使うことをお勧めします。 釣り方は人それぞれが自分の納得のする方法でした方が良いと思うからです。 現在はできませんが、千葉県の銚子にイセエビが穴釣りで釣れる堤防があったのでよく行ったことがありますがやはり波による流水が激しかった覚えがあります。 それでもPEラインと30号の中通し錘を使ってイセエビを釣っている人が何人もいましたよ。 私が穴釣りで一番困るのは、ラインの問題でなくて釣り針のロスが多いことですね。 Q 生きた伊勢エビがクジで当たりました。 早速食べようと思いましたが、可哀想で殺せません。 二匹のうち一匹は、飼育できないかなと考えています。 伊勢エビ飼育は可能ですか? とりあえず、余裕のある水槽、人工海水、エアーと隠れ場所を用意しようと思います。 餌は貝のむき身がいいまでは調べました。 餌はどのくらいの頻度で、 また水はどこくらいの頻度で変えればいいでしょうか?? 二日たっても、おがくずの中で生きているので、生命力はありそうですが、熱帯魚を育てているときにエビは水質に敏感と聞いたので、、、 心配です。 どなたか伊勢エビ飼育している人、料亭などお店で飼っているのを 知っている方がいたら、教えて下さい。 よろしくお願いします。

次の